友達フレンズFRIENDS

投稿日:

ナマステ。五年前、NYで友達とお茶をしていた時に道路からなにがやら、車で走りながら『イエローモンキー!!』と叫ばれました。気にしませんでした。どうも、ナチョスです。僕はあの当時ハーレムという黒人の方がたくさん住むエリアに住んでいましたけど、一度も差別的な扱いを受けた事はありませんでした。それを言われたのは確かマンハッタンのもっと南の方で、わりと白人の方が住む当たり。僕が良くしてもらった人たちは白人、黒人関係なく皆、親切で優しかったですね。心があった。何度も感動した。タイムズスクエアで僕と一緒の路上パフォーマーなのに僕にチップをくれた人なんて、バッドマンだったけど差別どころか心意気をくれました。でもこの人種差別問題まだ世界にはある問題なんですね。僕は日頃からそういう事には疎いというか、いやなことを言われても割と怒るより最近は慈悲の心が出てきてしまうので、心にずっと残る事はありません。なんて寂しい事をいうのだろう、人間皆同じじゃないか、何があったんだい、言ってごらん、戦士ナチョスが君の悩みを聞いてあげるよ。ってなってなります。それは言葉でならですが、物理的な暴力やよほどひどい事でなければ憐みをもって接することにしています。暴力はダメですな。話外れましたが、僕の友達でとても生きるのが苦しんでいる友達がいます。僕に出来る事は何だろうとおもって今から書いてみようと思います。まず、人生とはと考えた時に僕は知らんわって感じで生きています。人間の思考なんてどんどん変わっていくし、人なんだから間違いもするし、人も傷つけてしまう事だってある。僕もさんざんひどい事してやってきました。よく覚えてます。あんなことしなくても良かったな、とかあれは言いすぎたなとか。自分の事を棚に上げてよくもまああんな偉そうに人に語っていたなとか、当時の自分には会いたくないとか、思います。しかし、それもありなんですね。必要な時期だった。こんなこと他の方も沢山言っているんですけど、関係なく言わせて頂きますが、みんな必要なんです。僕もそれはもう人間やめたくなる時もありました。けど、辞めなかった。なんか悔しかった。なんでこんなことで辞めなきゃならんのだ、しかも僕が!!!!とか、あとはやめる勇気もなかった。辞めた時に周りの人間が悲しむだろうなって思うと泣けてくるなんともシャキッとしない心持だったんですね。でもその人間やめるってのは本当に勇気が必要だし、何しろエネルギーが必要。それをするくらいなら、最後に自分の好きなことを飽きるまでずーーーーーーーーーーーーとやり続けて後悔ないようにそれに夢中にしてみる方が余程いいです。そしたら結構疲れてそのまま寝ちゃうかもしれない。何かに打ち込むことってとても集中力がいるし、疲れる事なんですね。けど、夢中になっている時は大体忘れているから終わった時にド―――――っと来る。それでいいんです。何にもやる気がしなかったり、気力もなくなったら好きな音楽を聴きまくる、ライブを見に行く、YOUTUBEをずーっと見る、散歩に行く、田舎に行って誰とも話をせずひたすら夕陽や海を眺める。僕は最高に落ち込んだ時、多摩川の辺でずっと光永亮太さんのAlwaysを歌っていました。理由は分かりません。けどそれが体というか、僕自身が欲していた事。落ち込んでもいい、そんな自分も自分だから、大事にしてあげて欲しい。人からどう見られているとか、気にしてしまうのはすごくわかる。分かるけど、大事なのはそんなことではなく、自分が自分をどう見てあげているか。大事にするって結構難しいけど、自分のしたいことを聞いて、やりたいことを聞いて、やりたくないことを聞いて、今日はなにしたいっていうのを聞いてあげる事、この少しずつの積み重ねでいいと僕自身は思います。頑張らなくていいっす。人には伝わらない頑張りってあるし、人から頑張ってとか、頑張ってるね!とか、言われると、はい?って思う時もある。もう頑張ってるわって。でもその言葉は有り難いのは本当に思いますけど。そんなひねくれている自分も、ダメだなぁとかじゃなくて、こんなひねくれてる自分も自分。って認めてあげることがいいかもしれません。他の人と同じ必要なんて全くない。誰を好きになって、どんな趣味で、どんな顔で、どんなしゃべり方で、どんな匂いで、とか、気にしなくていいです。人の事をグダグダ言う人はほっときましょう。無視!そんな人の事にグダグダ言う人は暇なんです。暇な人はほっとくのが一番。きつい事を他人にぶつけて相手からの反応をみて、それで勝手にまた盛り上がってヒートアップしてくる。そういう事が好きな人、いますから。無視です。そんなことより、その人を相手するより、自分のしたい事、したくないこと、やってみたかった事、行ってみたい所、などを紙に書いてみて眺めてみて、そこから選んでしてみるのもいいかもしれない。僕は何度もドラムに助けてもらいました。ここではあえてそう書かせてもらいます。ドラム、おススメですよ。デカいし、力いっぱい鳴らしてあげると、いい音で返してくれるし。こんな正直で可愛い子、いないですよ。もし、しんどかったらドラム教室に行ってみるの、本気でお勧めします。あとは僕の周りに見ているだけで滅茶苦茶幸せな気持ちにしてくれるバンドもいるので、知りたかったら連絡くださいね。インスタからでも、メールでもメッセンジャーでもいいですから。つまんない時代は僕のせいでもないし、あなたのせいでもない。ただ面白くしていけるのはあなただけです。楽しいことしていきましょ。僕はひとからどう思われてもいい。と基本的に思っています。自分が自分自身をどう思うかが大事だから。世界を自分中心にまわすのってダメな事じゃないです全然。ナチョス

Copyright© NACHOS HOME ROOM , 2020 All Rights Reserved.