二回目 ドラムを始めたい人に読んでほしい7つの事(全7回)

更新日:

こんにちは

光の戦士ナチョスです。

昨日のブログでやってみたいと言ってくれた人が何人もいらっしゃったようでとても嬉しいです。
このブログを通じて叩けるようになれるように頑張りましょうね。

昨日のブログはコチラです(ドラム初心者レッスン 一日目のブログです)

1、リズム感がないがドラマーになれるのか
2、ドラマーに必要なものは何か?
3、家でドラムが置けないが練習ができるのか?
4、一日どれ位練習したらいいのか?
5、スティックは何を選べばいいのか?
6、どうやって練習したらいいのか?
7、ドラマーになるにはどうしたらいいか?

以上のトピックから進めていきたいと思います。

昨日はこの7つの項目の一つ目の『リズム感がないがドラマーになれるのか』について書きました。

リズムに触れる練習から入ることでリズムに慣れていきますから、そのための練習や、やり方をお伝えしました。

右手利き手の場合で進めていきますが

右手で1,2,3,4,1,2,3,4とハイハットのタイミングで右太ももを叩き

左手では 2 4 2 4という具合に2と4のタイミングで左ももを叩いていきます。

この時、2と4は右手と左手同時に叩くことになります

その動画はコチラです

さてそれを踏まえて今日は足(キック)を加えてみましょう

右手と左手は変わらず一緒です。

そこに今度右足が1と3のタイミングではいります。

右手(ハイハット):1 2 3 4 1 2 3 4
左手(スネア)  :  2   4   2   4
右足(キック)  :1   3   1   3

といった具合です。
それではこの動画を見ていきましょう

 

この動画を見ていただいてもお分かりの様に右手左手右足がばらばらに動いていますね。

一見すると難しいかもしれませんが、上記の数字でかいたタイミングにすると頭でも理解しやすいと思います。

まずはゆっくりからでもいいので、この動作に慣れることから始めてみてください。

さて、昨日のトピックの続きの

2,ドラマーに必要なものは何か?

この解説をしたいと思いますが、まずは皆さんこう聞かれて何を思い浮かべるでしょうか?

僕の周りのドラム経験がない人に聞いてみたところ

・練習する環境?
・ドラムセット?
・何から始めていいかわからない。。

以上のような答えが返ってきました。

確かにこの三点は気になる点だと思います。
まず練習するにも、家の中で生ドラムを練習できる環境の人はなかなかいません。
近年は、エレドラといった電子ドラムの商品の開発が進んでいて、最小の音で練習することもでき始めています。

しかし、振動の問題であったり、金額の問題もあったりしてギターやベースの様に練習がしやすく始めやすい楽器ではあまりありません。

でも練習がしたい方は、スタジオを借りて個人練習で一時間500円くらいからで借りることもできるのでそこで生ドラムに触れることもできます。

何から始めていいかわからない方の為に、このブログを通じてまずはドラムの楽しさに触れて貰えればうれしいです。

さて私の思う

・ドラマーに必要なものは何か?

それは幾つかあります

1、楽しく演奏できるか
2.楽しく練習できるか
3、憧れるプレイヤーがいるか

この三つです。

この三つのうち一つでも当てはまればいいドラマーに慣れます。

良いドラマーとは一言では言えませんが、僕の思ういいドラマーは

人から必要とされるドラマー(スタイル、プレイヤー、楽曲等で)

ではないでしょうか。

その人にしか出せないグルーヴであったり、その人からにじみ出る人間性であったり。

勿論技術に秀でている人は人から必要とされ、引っ張りだこになりますが、ミュージシャンはそれだけではなくて一緒に演奏して楽しいとか、一緒にステージに立てて安心するとかそういった人間面も需要の中に入ってきます。

しかし、それだけでは足りないのも当然のことで、本人の日々の弛まぬ練習であったり、積み重ねであったりがそのドラマーを支えていきます。

なので、ドラマーに必要なのは

1、楽しく演奏できるか
2.楽しく練習できるか
3、憧れるプレイヤーがいるか

この三つのうちどれか一つだけで大丈夫です。

ドラムがなくても練習はできます。
リズム感がなくても培うことができます

何にも心配はありません。

もしわからないことがあったら、

nachos.miyahara3 @ gmail.com

まで質問してきてください。( スペース個所を詰めてくださいね)

それでは今日も元気に!

明日は、この三つを踏まえたうえで、もう一つ細かい練習に移ってきます。

 

また明日お会いしましょう!

 

光の戦士ナチョス

 

ENGLISH

Hello

This is Nachos, the warrior of light.

I'm very happy that there were many people who said yesterday that I wanted to do it.
Let's do our best to be able to hit through this blog.

Yesterday's blog is here (Drum beginner lesson is the first blog)

Yesterday, I wrote about the first of these seven items, "Can you become a drummer without a sense of rhythm?"

I will get used to the rhythm by starting with the practice of touching the rhythm, so I have explained the practice and method for that.

I will proceed with the case of a right-handed person,

Hit the right thigh with the right hand at the timing of 1,2,3,4,1,2,3,4 and hi-hat

With the left hand, I will hit the left thigh at the timing of 2 and 4, such as 2 4 2 4.

At this time, 2 and 4 will hit the right hand and the left hand at the same time.

The video is here

Based on that, let's add the right foot (kick) today.

Right hand and left hand are still the same.

Next time, the right foot enters at the timing of 1 and 3.

Right hand (high hat): 1 2 3 4 1 2 3 4
Left hand (snare):    2   4    2    4
Right foot (kick):          1    3    1    3

And so on.
Let's see this video

As you can see from this video, the right hand, left hand, and right foot are moving apart.

It may be difficult at first glance, but I think that it is easy to understand even if you use the timing written above.

You can start slowly, so start by getting familiar with this behavior.

Well, of the continuation of the topic of yesterday

2. What do drummers need?

I would like to explain this, but what do you think of when you hear this?

I asked people around me who had no experience with drums

・Environment to practice?
·drum set?
・I don't know what to start with. ..

The above answers have been returned.

Certainly, I think these three points are worrisome points.
Even if you practice first, there are few people in the environment where you can practice raw drums at home.
In recent years, electronic drum products such as eledra have been developed, and we can begin to practice with the minimum sound.

However, it is not a musical instrument like a guitar or a bass that is easy to practice and easy to start because it has a vibration problem or a price problem.

However, if you want to practice, you can rent a studio for private practice for about 500 yen per hour, so you can also touch the live drums there.

For those of you who don't know what to start with, I would be grateful if you could get a feel for the fun of drums through this blog.

Well I think

・What do drummers need?

There are several

1. Can you play happily?
2. Can you practice happily
3. Do you have a player you want to admire?

These are these three.

You will become accustomed to drummers who only need to apply one of these three.

I can't say a good drummer in a word, but a good drummer I think is

Drummers needed by people (style, players, songs, etc.)

it might be.

It is a groove that can only be given to that person, or a humanity that oozes from that person.

Of course, people who excel in technology are needed and sought after by people, but musicians are not only that, they are fun to play together, or they can stand on the stage together and feel secure. Come in.

However, it is natural that this alone is not enough, and it is the practice of the person's day-to-day practice and the accumulation that supports the drummer.

So what a drummer needs

1. Can you play happily?
2. Can you practice happily
3. Do you have a player you want to admire?

Only one of these three is fine.

You can practice without a drum.
You can cultivate without feeling rhythm

Don't worry about anything.

If you have any questions,

nachos.miyahara3 @ gmail.com

Please ask. (Please fill in the space)

Well, I'm fine today!

Tomorrow, based on these three, we will move on to another detailed practice.

See you tomorrow!

Light Warrior Nachos

 

Copyright© NACHOS HOME ROOM , 2020 All Rights Reserved.