夢を見据え現実化させて生きる

投稿日:

おはようございます。

私の夢を一つ上げるとしたら全インド人ドラマー化計画です。

僕が思うにインド人はほぼダンサーの素質はもっていますし、ほぼダンサーだと思っています。

これは現地で垣間見る結婚式であったり、映画での楽しみ方であったりします。

もはや踊りの国とも言ってもいいのではないかとも個人的には思っています。

ではなぜここで全ドラマー化計画を遂行したいかという理由をあげます。

①ドラマーはリズムを生み出す。

まずここですね。リズムを生み出すということは、そのリズムで踊ることもできますね。

踊ることもできるというよりむしろ、リズムさえあれば踊ることが出来ます。

そしてインドの人口は今およそ14憶人を超えています。

2020年9月発表では世界の人口の77億9500万人のうちインドは13億5264万人です。

これは人口第一位の中国をまもなく抜かす数字になっています。

つまりこれから人口の面でも世界を引っ張っていく存在になる国になります。

私はインド人が全員ドラマーになってきたら世界は面白くなってくると思います。

これは強要させたいとか無理強いしたいとかではないですね。

全員ドラマーにならなくてもいいのではないかという意見も来そうですが、全員ドラマーになれる素質がある国の国民にはぜひなってもらいたいです。

ドラマーって難しいんでしょ?という言葉も聞こえてきそうですが、これが全然そうではありません。

難しい技術を習得しようとすればそれは事実、相当な練習時間を必要とします。

しかし、ドラマーの定義とは各個人色々あるとは思いますが、

僕が今現在想うドラマーとは、自分でリズムを生み出せる人です。

誰かが歌っていたら、そこにリズムをつけたりする人もいれば

楽器はなくても体一つでリズムを奏でる人もいます。

もうこの時点でドラマーですね。

繰り返しになりますが、様々なリズムを奏でたい人は人より多く練習したり学ぶ必要がありますが

簡単なリズムくらいは誰にでもできます。

ドラマーのハードルは結構低いんです。これは持論です。

僕はいま、インドでNo Problem International Music  Schoolという音楽学校を作りました。

ここでは今現在、タブラとドラムが習えます。

今後はインド古典楽器や、ギターコースも開始していこうと思っています。

私はここで少しずつインド人の生徒に指導しています。

一人ずつ丁寧に教えています。

最近嬉しいニュースがありました。

生徒のうちの一人のP君がカホンを買ったと教えてくれました。

以前彼が学校の出し物で演奏したいから僕のカホンを貸してくださいと言って彼に貸して、そこでカホンの楽しさに目覚めてしまったのでしょう。

彼の夢は音楽関係にすすみたいとはっきり言っていました。

彼は今年15歳。

僕がヤマハに通い始めた年齢になります。

僕が思うに、彼はセンスがあります。

練習内容の丁寧さもありますし、熱意もある

このままいけばいいドラマーになっていくでしょう。

彼の他にも個性豊かな生徒がたくさんいます。

まだまだ若いので、指導することもありますが

彼らの若さゆえの勢いと情熱に僕は楽しく教えてこれています。

日本人の方にも教えています。

インドでドラムを習うという事に面白さを感じてもらって

僕に出来る事はその人の目標をきいて、その実現のために教えています。

インドでドラム??みたいな声も当初は聞こえましたが

今僕の周りの人は、この活動を面白がってくれる人がいます

最初は少なくてもいいですが、この活動を通して一人ずつドラマーを増やしていき

いずれ、誰かが困窮してしまったり、悲しみに落ちてしまう人が出てきたときに

そのドラムの力で、リズムを大地に生み

皆で踊り

困難を乗り越えていけばいいなと思っています

僕自身ドラムには何度も助けてもらってきました。

これをインド人の持ち前の明るさで世界に光を差す、すこし手伝いが出来ればいいと思っています。

14憶人が全員ドラマーだったらめっちゃくちゃ面白くないですか?

これはかなえていきたいですね。

見ててください。

面白い世の中にしていきますから。

一緒に面白いことしていきたい思っているから、連絡くださいね。

イメージを実現させていきましょう。

必ず叶っていきます。

今日も読んで頂きありがとうございました。

ナマステ。

 

Good morning.

One of my dreams is the all-Indian drummerization plan.

I think Indians have almost all the qualities of a dancer, and I think they are mostly dancers.

This can be a wedding that you can experience locally, or a way to enjoy a movie.

I personally think that it can be said that it is a country of dance.

So here's why you want to carry out the whole drummerization plan.

① The drummer creates rhythm.

First of all, here. Creating a rhythm means that you can also dance with that rhythm.

Rather than being able to dance, you can dance as long as you have the rhythm.

As announced in September 2020, India has 1,352,640,000 of the world's 7,795 million population.

This is soon above China, the number one population.

In other words, it will become a country that will lead the world in terms of population.

I think the world will be interesting if all Indians become drummers.

I don't want to force or force this.

Some people may argue that it is not necessary for all of them to become drummers, but I would like all the people of the country who have the ability to become drummers to become.

Isn't it difficult for a drummer? You may hear the word, but this is not the case at all.

In fact, it takes a considerable amount of practice time to master difficult skills.

However, I think there are various definitions of drummers for each individual,

The drummer I think of right now is someone who can create their own rhythm.

If someone is singing, some people will add a rhythm to it

Some people can play the rhythm with just one body without an instrument.

You're a drummer at this point.

Again, people who want to play different rhythms need to practice and learn more than others.

Anyone can do a simple rhythm.

The hurdles for drummers are quite low. This is my theory.

I have just created a music school called No Problem International Music School in India.

You can learn tabla and drums here right now.

In the future, I plan to start a classical Indian musical instrument and a guitar course.

I am teaching Indian students little by little here.

I teach each one carefully.

There was some nice news lately.

One of the students, Mr. P, told me that he bought a cajon.

Perhaps he had previously asked him to lend me a cajon because he wanted to play at school, and he woke up to the fun of cajon there.

He clearly stated that his dream was to go to music.

He is 15 years old this year.

It's the age when I started going to Yamaha.

I think he has a sense.

There is politeness in the practice content, and there is also enthusiasm

If you keep going like this, you will become a good drummer.

There are many unique students besides him.

I'm still young, so I sometimes teach

I enjoy teaching them the momentum and passion of their youth.

I also teach Japanese people.

It was fun to learn drums in India

What I can do is listen to the person's goals and teach them to achieve them.

Drums in India? ?? I heard a voice like that at first

There are people around me who are interested in this activity now.

It's okay to have less at first, but through this activity we will increase the number of drummers one by one.

Eventually, when someone is in need or sadness comes out

The power of the drum creates rhythm on the ground

Dance together

I hope to overcome the difficulties

I myself have been helped by the drums many times.

I hope I can help a little by shining light on the world with the brightness that Indians have.

Wouldn't it be really fun if all 1.4 billion people were drummers?

I want to make this happen.

Please take a look.

I will make it an interesting world.

I want to do something interesting with me, so please contact me.

Let's realize the image.

It will surely come true.

Thank you for reading today.

Namaste.

Copyright© NACHOS HOME ROOM , 2020 All Rights Reserved.