PROFILE

更新日:

ENGLISH

HINDI

宮原 ナチョス 剛です

ナマステ。宮原 ナチョス 剛。日本人。光の戦士ナチョス、ドラマー、歌手、詩人、俳優、ヨガインストラクター、イベント企画、運営、介護士、NPO法人JAPAN INDIA CLUB 代表
1983年生まれ 東京都出身。現在インド中心に活動。

ドラマーとして活動

13歳からドラムを初めてヤマハ音楽教室で習い始める。師匠の松原先生の影響でラテンに目覚め、キューバに行きラテンの本場を体感してきた。キューバ留学も考えたが断念。その後、NYへドラム修行に行きタイムズスクエアでバスキングに挑戦してきたりもした。

15歳 バンド活動開始

15歳からロックに目覚めて、18歳でオリジナルバンド「I-SCREAM」で都内近郊で活動。ミニアルバム、シングルでインディーズデビューした。

その後、「pocketlife」に加入してアルバム、シングルを全国リリース。関西東北ツアーをする。
同時期にフリードラマーとしても活動開始し、レコーディング、ライブサポート等も行い、数々のバンドに加入。
その後、重機‐ZYU-KY-というドラムベースユニットで活動開始し、アルバム、シングルをリリースした。途中左ひざ人体断裂等の大けがをしながら騙し騙しきていたのが限界に達し、再再建手術をして復活。数々の紆余曲折があり、2013年、渋谷代々木公園で毎年開催しているナマステインディアのステージの音楽のたタブラの音に感動し、インドタブラ留学を決意。

 

インドへ行く

その翌年2014年9月、インドに飛ぶ。
そこで日本人宿サンタナに出会い、すべてが始まる。
タブラとヨガインストラクターの資格を取得する忙しい日々が始まるも、初めて訪れたオリッサ州、プリーの町、人々に心を魅了される。

そんな中、サンタナゲストハウスのオーナー、ファクナさんとドラムを買うことになり、それをインド人の方の前で披露したところ、みなさんが喜んでくれた。とても感動してしまった。

 

PURI ROCK FESTIVAL開催開始

そして2014年12月、ヨガ仲間の送別会パーティーを企画し、PURIということもあり、PURI ROCK FESTIVALとフジロックにかけて始めたのがフェスの始まりだった。

そこから毎年開催するようになり、サンタナグループ全面協力も元、毎年少しずつ規模を大きくしていくことができて、今現在最大27,000人の子供たちの前で披露することができた。

 

NPO法人 JAPAN INDIA CLUBの設立

2018年にご縁により、NPO法人 JAPAN INDIA CLUB(以下、NPO JIC)を立ち上げ、2018年のフェス開催からNPO JIC主催で開催している。

ODISHA JAPAN FESTIVALへ名称変更

2018年からPURI ROCK FESTIVALからODISHA JAPAN FESTIVALに名称変更した。また、プリロック開催序盤で、現地の子供たちの前で開催したときに、演奏した我々が子供たちから勇気と希望をもらったことが忘れられず、毎年、フェスの売り上げの一部を現地学校に物品、教育品に変えて寄与している。

 

現在は

このまま、現地教育に支援を続けていき、将来はロケットを打ち上げて、宇宙技術開発研究センターを設立し、その技術で地球環境を改善することも目標にしている。

ナチョス自身は、デリーで留学経験を活かし、簡単なヒンディー語が話せることから、インドで音楽活動をしており、また俳優としても活動している。

目標

NO PROBLEM INTERNATIONAL MUSIC SCHOOL設立

現在はプリーにNO PROBLEM INTERNATIONAL MUSIC SCHOOL(以下、NPIMS)を設立し、ドラムやインド楽器の教育にも力を入れている。

ENGLISH

HINDI

Copyright© NACHOS HOME ROOM , 2019 All Rights Reserved.