出来ないことができるようになる実感

投稿日:

みなさまこんにちは

ナマステ

今日も見に来ていただきありがとうございます。

僕はここ一カ月ほぼ毎日スタジオに入っています。

ジョージアではスタジオ代も高くないので、一日4時間とか入っても大丈夫なんです。

バトゥミではスタジオがないために、今のうちにスタジオに入っておいて、置いてきた勘と技術向上のために入っています。

僕はここ最近とても調子がいいです。

スティックワークもうまくいっているし、スネア、キック、ハット三点のバランスも少しずつ良くなってきました。

今まで大目に見ていた部分をもういっかい注視して細かい部分を修正しては見つめまた発見しまた修正するということに重き置いている日々です。

自分の弱点がわかることはとてもいいことです。

長所を伸ばすのもとても大事ですが、自分的にはできていなかった部分をできるように成ることの方が個人的には大事だと思っています。

いつまでも苦手なままにしておくのもなんか嫌なので。

どうせいつか死ぬなら、これが出来てから死ぬほうが個人的には満足です。

いつか、だれかとセッション、またはライブをして発表するときに表現力が高いほうが自分の伝えたいことがお客さんにより伝わるし、聞いてくれる人にもより感動してもらいやすいのではないかと思っているからです。

その為に、地味でもひたすら厳しい視点で練習してできるようになり克服し、さらに表現力を増したパフォーマンスをできるようになる自分を作る。

とても簡単です。

やるかやらないか、明日の自分を作るために今の自分は何をすべきなのか。

やるのか、やらないのか。

これだけでもう答えは出ています。

自戒の意味しかありません。

誰よりも厳しい教官は自分自身の手により自分の中でしか作れません

さ、あとはやるだけです。

やるの?

やらないの?

もちろんやるしかないでしょう。

今日も読んでいただきありがとうございました。

よい火曜日をお過ごしください。

これは昨日発表した音楽です。

数人の人でセッションしている様子を表現しています。

曲つくりに関してもまた、日々更新、日々精進ですね

それではまたお目にかかりましょう

 

Copyright© NACHOS HOME ROOM , 2021 All Rights Reserved.